製品紹介

図書館システム

BDS(ブックディテクションシステム)とは

BDS(ブックディテクションシステム)とは
タトルテープ™感知マーカーの信号を消去せず(未手続き)、そのまま蔵書を持ち出すとBDSのブザーやランプが手続きの未処理を知らせます。
タトルテープ™感知マーカーの信号を消去すれば(手続き済)、BDSを何事もなく通過することができます。
返却時にタトルテープ™感知マーカーの信号と付加することで未手続き持ち出しなどを防ぎ、正確な図書館情報の構築に役立ちます。
スタッフを資料の監視や紛失調査から解放 余力をレファレンスに集中することで、図書館本来のサービスにスタッフを専念させることができます。
蔵書という貴重な財産の保護 会計上においても明確な財産である図書館の蔵書を紛失から守り、不明本を削減することで利用者の蔵書管理に対する不満を解消させることができます。
オープンな図書館を実現 多くの図書館を開架式にできる上、カバンなどの持ち込みも可能になります。
またロッカーなどの設備が不要となり、施設の空間を有効利用できます。
視聴覚資料の管理が効率化 CDやビデオテープなどの中味を、パッケージと切り離さず開架式の棚にそのまま陳列しても紛失の心配がなく、貸出・返却の手間も省力化できます。
入館ゲートとBDSを組み合わせて利用
入館ゲートとBDSを組み合わせることにより、よりセキュリティ性が高まります。
入館ゲートでは日々の利用者の管理、入館者履歴の管理、集計などを行い、
さらにBDSで蔵書の無断持ち出しを検知した場合、ゲートのフラッパーを開かないようにすることができます。
アラームで知らせるだけではなく、物理的にも通過できないようにするため、より蔵書を確実に守ることができます。
ご利用者様・スタッフの皆様・蔵書の安全を守るために入館ゲートやBDSはお奨めの製品となっております。
  • お喜びの声
  • よくある質問
  • 導入フロー

製品紹介

  • 図書館システム
  • 物理セキュリティ
  • 保守・メンテナンス
  • その他製品

在館管理システム

混雑状況・在館状況を可視化するシステムです。来館者様もスタッフの皆様も一目で在館者数を把握することができます。感染症対策、業務の効率化を図りたいという方はぜひ当社の製品をご活用ください。

もっと詳しく