学校・図書館の運営者様へ

図書館の大切な財産を守るには、セキュリティ体制を万全に整えましょう。

アクセスセキュリティでは、図書館に特化したフラッパーゲートを取り扱っております。これまでのノウハウやお客様のご意見を取り入れたフラッパーゲートを、ぜひ防犯や入退館管理にお役立てください。

アクセスセキュリティのフラッパーゲート

フラッパーゲートが、図書館に関するセキュリティ問題を解決します。

フラッパーゲートが、図書館に関するセキュリティ問題を解決します。

「図書館の財産である蔵書を守りたい。でも、コストをかけたくない」。そうした図書館を運営する皆様のお悩み解消を可能とするのが、アクセスセキュリティのフラッパーゲートです。RFID式不正持出しシステムとの連動により、利用者が不正に書籍を持ち出そうとすれば、音を出して警告します。また、ICカード等を搭載したフラッパーゲートを使用すれば、図書館利用者を制限することができ、不審者の入館を防ぐことも可能です。

フラッパーゲートを導入するメリット

フラッパーゲートを導入するメリット

貴重な財産である蔵書を保護できます

不正な持ち出しがあれば警告を発するため、図書館の最も大切な財産である書物や文献などの紛失を防ぐことができます。行方不明になる書籍が削減されることは、利用者の蔵書管理に対する不満解消にもつながります。

監視や調査などの人的コストを削減できます

フラッパーゲートが入退館管理を行うため、入り口に職員を設ける必要がありません。また、不正な持ち出しが減れば、不明図書の調査も不要になります。監視や管理を機械化すれば、人的なコストを削減しながら効率的に業務を遂行できます。

利便性の高い環境を作ることができます

不正持ち出しを防ぐ目的で、利用者のかばんを預かる必要がなくなります。さらに、ロッカーなどの設備がなくなれば、蔵書を増やしたり他のサービスを設けたりして、図書館の限られた空間をより有効的に利用できます。

実績紹介

コストをかけずに蔵書を守るセキュリティの導入を可能にします。最適な製品をご提案しますので、まずはご相談ください。 メールフォーム
  • お喜びの声
  • よくある質問
  • 導入フロー

製品紹介

  • 図書館システム
  • 物理セキュリティ
  • 保守・メンテナンス
  • その他製品

学校・図書館の運営者様へ

アクセスセキュリティでは、図書館に特化したセキュリティ機器・サービスをご用意しております。貴重な蔵書を守りつつ、業務効率化を図りたいという方は、ぜひ当社の製品をご活用ください。

もっと詳しく